再出発:やっぱり難しいけれどWordPressを信じる!

2017年のゴールデンウィークに、ブログを始めようと思って四苦八苦しました。

これまで、職場のホームページに情報を載せたり、自分で公的なサーバーに登録してホームページを作ったり、としてきました。ただし、これらのホームページではちょっと面倒なことがありました。

1.ホームページは、そのサイトの管理者しかアップロードできない。

2.ホームページは、ブログとは異なり、日々の更新に向いていない。

3.職場や公的なサーバーには、個人的なことを書くことはできない。

まあ、個人的な意見ですが、そう思ったので、じゃあブログ形式にしようかと思いました。でもブログだと、私の意図することができないことに気づきました。

  • できれば、医療情報を発信したい。
  • でも、ブログ形式だと、日々の更新で、どの情報がどこにあるか、わからない。

ということです。そこで、いろいろ調べてみると、WordPressというブログのプログラム(でしょうか?)に辿り着きました。

でも、ここで難題が。

  • プログラムだけではサイトの運営はできない
  • プログラムを入れておく、サーバーが必要

おそらく、このサーバーという点で、無料ブログが重宝するのでしょうね。ただ、ここで欲張りな私としては、

  • www://tatoeba.com/douiukoto/kouiukoto/index.html みたいな長いURLはさけて、シンプルなものにしたい。
  • なんか、シンプルな方が格好良さそう
  • シンプルなURLを運営してるって、「できる人」みたい

という思いもあり、結果的に無料ブログへの登録をあきらめ、サーバーを借りてサイトを立ち上げることにしました。つまり、他人様のサーバーにお金を払って私の情報を入れてもらって、それを皆さんにみていただく、ということです。ただしサーバーを借りれば、サーバーの中での約束内で自由に自分が使うことが出来る、ということです。

ドメイン名(このサイトでは、tiny-life.orgです)は、サイトのタイトルの英訳をもちいたかったのですが、お名前.comというところで登録しました。

サーバーはよくわかりませんでしたが、ともかく、Xサーバーというのを借りて始めました。

ただ、最初にしくじりが、、、、。

せっかく、tiny-life.orgというドメイン名を取得したのに、あーだこーだしている間にサイトを始めたら、tiny-life.org/wp と/wpなる尻尾がついてました。

でも、ともかくサイトが作れたので嬉しくなってFacebookで友人に伝えたり、まあ、いい気になっていたので、最初はまあいいかと思ったものですが、どうも気にくわなくて、

「/wp絶滅大作戦」

を強行しました。ホームのサイトのURLに尻尾がある、なんて格好悪いと思ったからです。

そこで、悲劇が。なにせプログラムもなにも理解できていないのに、ググったりして出てきたページを参考にしていじってみたら撃沈しました。

404エラー

折角作ったページも、この「404」という数字が表示され、よくわかんないからググると

「新しいURLへのリダイレクト設定ができていない」

と、まあ、素人には丁寧な説明で、リダイレクト、じゃあ、どうする!っと、ちんぷんかんぷんとなりました。

ということで、泣く泣く撤退し(最初のサイトのデータの消去)、もう一度、サーバーとやらにWordPressをすったもんだせずに素直にインストールしたら、やったー

tiny-life.org

というURLになりました。

本当は、tinylife.comとかtiny-life.comといった、「ドットコム系」が格好いいなと思ったのですが、すでに使われているようで、じゃあ、tiny-life.jpといった、「ドットJP系」が、日本らしくていいなとおもったのですが、ちょっとだけ費用が高かったので(ケチです)、これに落ち着きました。驚いたことに、.shopとかそういうのもあるんですね。

ということで、もう一度頑張ってサイトを構築していきます。

あ、本当は、私のように、はじめからサーバー上にアップロードするのではなく、自分のパソコン(ローカルホストと呼ぶそうですが、田舎のホストではありません)に、サイトのデータを保存しておけば、後で修復できる、らしいですが、ローカルホストとやらに保存したものをアップロードする、ということがわからないので、

建築中のサイト

が丸見えです。

まあ、サグラダファミリア教会もずっと建築中なのでいいかという気分です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告