「 物語 」一覧

医療現場には常にドラマがあります。患者さんも医療者も日常の生活の中で医療と向き合います。
このコーナーには「ものがたり」を書いてみました。
すべての物語は“小説”ですので、事実とは無関係です。小説の時期の設定はまちまちなので、現状の最新医学事情とは異なることもあります。

碧き波の彼方に 第十三話

碧き波の彼方に 第十三話

向井優奈は無痛分娩中に死亡したが、その死因の解明はまだだった。優奈の死は瞬く間に伝達され、広まった。ひとりの患者の死亡は大きな余波となっていった。 Xmasの夜、玲奈も祐輔も千佐登もそれぞれのXmasを過ごしていた。

碧き波の彼方に 第十二話

碧き波の彼方に 第十二話

向井優奈は無痛分娩中に死亡したが、その死因の解明はまだだった。優奈の死は瞬く間に伝達され、広まった。ひとりの患者の死亡は大きな余波となっていった。

NO IMAGE

碧き波の彼方に 第十一話

向井優奈は無痛分娩中に死亡したが、その死因の解明はまだだった。優奈の死は瞬く間に伝達され、広まった。ひとりの患者の死亡は大きな余波となっていった。

碧き波の彼方に 第十話

碧き波の彼方に 第十話

向井優奈は無痛分娩中に死亡したが、その死因の解明はまだだった。優奈の死は瞬く間に伝達され、広まった。ひとりの患者の死亡は大きな余波となっていった。

碧き波の彼方に 第九話

碧き波の彼方に 第九話

無痛分娩の過程で死に至った優奈の体は病理解剖に付されることになった。果たして死の真相はどこにあるのだろうか。県立病院は報道陣に対して優奈の死因についての記者会見を迫られた。一患者の死を報道するということがどのような顛末になるのか。

碧き波の彼方に 第八話

碧き波の彼方に 第八話

無痛分娩の過程で死に至った優奈の体は病理解剖に付されることになった。果たして死の真相はどこにあるのだろうか。一方、玲奈は優奈の死に大きなショックを受けていた。まだ小さな命が宿ったばかりの玲奈の今後は。

碧き波の彼方に 第七話

碧き波の彼方に 第七話

元アイドルの優奈は無痛分娩での出産中の出血で周産期センターに運び込まれた。元アイドルの死に翻弄される県立病院とそれを統括する大学病院の祐輔は、優奈の死因を究明すべく病理解剖に立ち会うこととなった。果たして優奈を死に至らしめたのは何なのか。

碧き波の彼方に 第六話

碧き波の彼方に 第六話

瀬戸内海を望む地方都市で慎ましく暮らす玲奈は初めての妊娠に戸惑いとときめきを感じながら過ごしていた。彼女の身にふりかかる運命とは。そしてベテランの産婦人科医鹿取祐輔は玲奈に対して何ができるのか。“産まれる”というあたりまえの出来事をとりまくそれぞれの運命を語る。

碧き波の彼方に 第五話

碧き波の彼方に 第五話

瀬戸内海を望む地方都市で慎ましく暮らす玲奈は初めての妊娠に戸惑いとときめきを感じながら過ごしていた。彼女の身にふりかかる運命とは。そしてベテランの産婦人科医鹿取祐輔は玲奈に対して何ができるのか。“産まれる”というあたりまえの出来事をとりまくそれぞれの運命を語る。

碧き波の彼方に 第四話

碧き波の彼方に 第四話

瀬戸内海を望む地方都市で慎ましく暮らす玲奈は初めての妊娠に戸惑いとときめきを感じながら過ごしていた。彼女の身にふりかかる運命とは。そしてベテランの産婦人科医鹿取祐輔は玲奈に対して何ができるのか。“産まれる”というあたりまえの出来事をとりまくそれぞれの運命を語る。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告